« 教員は2万3千人減に 公務員総人件費改革、文科省試算 | トップページ | 夫に来年直してほしいこと「たばこをやめて」 »

2005年12月16日 (金)

建築の構造計算偽装証人喚問

ニュースでしか見ていないのですが、姉歯元建築士以外の様子がなんともいえないですね。この出席者は元建築士、木村建設から2人、総合経営研究所から1人の4人でした。
木村建設の建築物、今は「非破壊検査」というのもありますから、鉄筋の数や太さなどがそのまま調べれるのですね。国土交通省が市町村に検査するように指示を出しましたね。
図面も再検査でしょ。ぼろぼろ出てきそうな気がします。そうすると、元建築士の証言の方が正しいということにありそうですね。この期に及んでいう感じです。
総合経営研究所の方も資料を出されて困っていたようですね。
あの4人のうち、3人は「偽証罪」になりそうですね。
国会は時期を見て、告訴すべきは告訴してほしいですね。
そうそう、来年度税制ですが、健康増進のためにたばこ税をもっと上げるべきでは。私みたいな副流煙の被害者を減らすために。
オリックスの仰木氏が亡くなられましたね。ご冥福をお祈りします。
死因は「呼吸不全」とか。聞くところによりますと、たばこをよく吸われていたとか。たばこは確実に呼吸機能を低下させます。ただ、ジワジワですので実感しにくく気がついたときには「手遅れ」ということになりやすいですね。
私は肺の一部を切除しましたが、運動制限は一切ありません。志賀高原にスキーに入ってもよいといわれました。これは、たばこを吸っていなかったことによると思っています。吸っていたら「運動制限」だったのでは。喫煙の影響はこのようなところにも現れますよ。

|

« 教員は2万3千人減に 公務員総人件費改革、文科省試算 | トップページ | 夫に来年直してほしいこと「たばこをやめて」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 教員は2万3千人減に 公務員総人件費改革、文科省試算 | トップページ | 夫に来年直してほしいこと「たばこをやめて」 »