« 食事のこと、糖尿病のこと | トップページ | 新年おめでとうございます »

2005年12月31日 (土)

大晦日

今年も終わりですね。一年の区切りですが、どうして北半球では冬にあるのかな。
旧暦では、大寒を過ぎてからでしたか。冬ごもりを終えて「春」になっていき時ですね。ですから、「仰春」とか「新春」なのでしょうね。
新暦の方はこの感覚からすると季節外れですね。発祥がローマですね。その前はギリシャ、エジプトですね。こちらみたいな厳しい寒さは滅多になかったのかも。
井原西鶴の「世間胸算用」は確かこの大晦の庶民の情景を描写したものだったと思います。間違っていたら済みません。
ところが、昔ながらの正月準備が徐々に廃れてきてますね。その原因の一つが「元旦から営業」でしょうね。特に準備しなくても食いつなげるようになりましたから。
金融機関もATMを稼働させるところが増えてきてますね。普段と変わらなくなってきている。
ただ、多くの勤め人の正月休暇は残っています。これはしっかり残していきたいですね。もう少し、長くなればとか思います。分散は夏休みと違って難しいかも。
いつも、私の取り留めもないような書き込みを読んでいただきどうもありがとうございました。来年もよろしくお願いします。

|

« 食事のこと、糖尿病のこと | トップページ | 新年おめでとうございます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 食事のこと、糖尿病のこと | トップページ | 新年おめでとうございます »