« 琴欧州 大関へ | トップページ | 明日から師走 »

2005年11月29日 (火)

建築構造計算偽装の参考人質疑

衆議院国土交通委員会で今回の問題についての参考人質疑が始まりましたね。
なにか、醜い言い逃れの羅列みたいになっていたようですね。中継があったようですが、見ていないのではっきりとはわかりません。NHKのニュースによるということです。
まあ、建築主はマンション分譲をしているわけですが、建築現場を一度も見に行っていないのでしょうか。あれだけの建築物ですからね。見に行っていないのなら、度胸が凄いか鈍感のどちらかですね。または、今回の偽装の物件のみ分譲したのかな。
建築業者は、偽装されたビルのみしか建築したことがないのかな。他での設計や構造計算された物件も施工していたら、気がつきなさいよ。標準的設計より結構部材が削られていますね。
設計事務所も同じ穴の狢という感じです。初期の段階で気がついて是正していれば、購入者に迷惑もかけずにすみ、信用も落とさずに済んでいたと思います。
コストダウンのみに囚われて、大事なことを忘れてしまったということですね。
今の日本は、ある一面にのみ囚われて大事なことを忘れていることが非常に多いような気がします。
今回の件はこの象徴的な事件ともいえるかもしれません。

|

« 琴欧州 大関へ | トップページ | 明日から師走 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 琴欧州 大関へ | トップページ | 明日から師走 »