« ハンセン病在外元入所者、幅広い補償検討 台湾訴訟控訴 | トップページ | 66年前計画の幻の放水路計画 国交省がやっと断念 »

2005年11月 9日 (水)

禁煙治療に保険適用へ、医療費削減狙う 厚労省方針

またまた、表題は朝日新聞からです。もっとも、朝日新聞朝刊の見出しでは「?」と思うところがありました。日本医学会のガイドラインでは、喫煙本数に関係なく「喫煙は病気」として治療を勧めるようにするというのでした。「ヘビースモーカー」とかいうのがついていたので朝日新聞の記者や編集者は判っていないのではと思います。
自ら好きこのんで喫煙したわけでしょ。ニコチン依存症という病気に自らなったわけですね。それにどうして「健康保険」を使わせるのかと思うのです。それより、喫煙者の医療費が多いのですから保険料を上げるか、非喫煙者の保険料を低くしてほしいですね。そうしたのなら禁煙治療に健康保険を使ってもよいと思います。民間の生命保険のように喫煙者と非喫煙者で保険料に差をつけてるのが先ではと思います。
それでも、保険適用で喫煙者が減少するのならよいかなとも思う面があります。
たばこの害ですが、一酸化炭素による赤血球の酸素運搬能力の低下、息苦しさとか息切れの原因の一つかな。心臓に負担をかけます。ニコチンで血管収縮で血流量の低下。これも、心臓に負担をかけるし、ともに動脈硬化の原因の一つかな。
味覚の低下。だから、喫煙者が禁煙すると食事がおいしくなって太る場合が多いわけです。臭覚の低下。食事は香りの重要な要素ですね。喫煙者は微妙は香りの違いなどがわからなくなります。喫煙してる間は激辛などは別にしておいしい食事というのは夢物語かな。
美容の大敵。皮膚の老化を早めます。
タールなどが肺に沈着して、確実に呼吸能力が低下していきます。COPD(http://allabout.co.jp/health/familymedicine/closeup/CU20030217M/  COPD(慢性閉塞性肺疾患)は煙草病 呼吸不全で死なない為に禁煙を!)でたくさんの方が亡くなられたり、酸素ボンベを提げての生活を余儀なくされています。予防は禁煙のみです。
それと、ガンかな。これも肺ガン以外にもたばこ主犯のガンは多いですよ。
私は、たばこを全く吸ったことがないのに肺ガンで右の肺下葉を摘出しましたが、運動制限などはありません。それは、呼吸能力が低下していなかったためでしょうね。

|

« ハンセン病在外元入所者、幅広い補償検討 台湾訴訟控訴 | トップページ | 66年前計画の幻の放水路計画 国交省がやっと断念 »

コメント

初めまして。表題が目について、お邪魔します。ぼくのいとこ兄弟は50前に肺がんであっあっという間に卒業していきました。禁煙を機会有るごとに話しています。お互い健康は確保するもの。がんばりましょうね。失礼しました。

投稿: 5151 | 2005年11月11日 (金) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハンセン病在外元入所者、幅広い補償検討 台湾訴訟控訴 | トップページ | 66年前計画の幻の放水路計画 国交省がやっと断念 »